「太閤なにわの夢募金」サポーターの皆さま

小和田 哲男

(静岡大学名誉教授)

メッセージ

豊臣秀吉が築いた大坂城は、大坂夏の陣後、徳川幕府の手によって完全に埋められてしまい、その上に徳川大坂城が築かれたため、豊臣大坂城は姿を消してしまいました。今回、発掘調査によって出土した豊臣大坂城の石垣が保存・整備され、その姿を再び目にすることができることになりました。一部分とはいえ、秀吉の偉業を後世に伝えるよい機会になるものと思います。

プロフィール

1944年、静岡市に生まれる。1972年、早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。
現在、静岡大学名誉教授、文学博士

専門は日本中世史、特に戦国時代史で、主著『後北条氏研究』『近江浅井氏の研究』のほか、『小和田哲男著作集』などの研究書の刊行で、戦国時代史研究の第一人者として知られている。
また、NHK総合テレビおよびNHK Eテレの番組などにも出演し、わかりやすい解説には定評がある。

1996年NHK大河ドラマ「秀吉」、2006年の「功名が辻」、2009年の「天地人」、2011年の「江〜姫たちの戦国〜」で時代考証をつとめた。

主な著書
『戦国の群像』(学研新書:2009年)、『詳細図説 信長記』(新人物往来社:2010年)、『詳細図説 秀吉記』(新人物往来社:2010年)、『詳細図説 家康記』(新人物往来社:2010年)、『歴史ドラマと時代考証』(中経の文庫:2010年)、『お江と戦国武将の妻たち』(角川ソフィア文庫:2010年)、『黒田如水』(ミネルヴァ日本評伝選)(ミネルヴァ書房:2012年)、『さかのぼり日本史⑦戦国―富を制する者が天下を制す―』(NHK出版:2012年)