新着情報

「大阪城刻印石の拓本体験会」を開催します!

平成29年3月19日(日曜日)に大阪城公園に残された刻印石の拓本を取る体験会を開催します。この取組を通じて、大阪城の成り立ちを知っていただき、大阪城や大阪のまちへの愛着をより深めていただけるよう、また大阪市がすすめている「豊臣石垣公開プロジェクト」について関心を持っていただくことをめざします。

「太閤なにわの夢募金」新たな寄附特典をご用意し、第4回クラウドファンディングを実施します!

大阪市では、ひとりでも多くの方に「豊臣石垣公開プロジェクト」と「太閤なにわの夢募金」の意義や魅力を知っていただくため、平成27年度に引き続き、平成28年度も12月2日(金曜日)から100万円を目標にクラウドファンディングを実施します。

クラウドファンディングにご寄付いただいた方を「先行内覧会」に特別ご招待。また、今回新たな寄附特典として、徳川期大坂城築城の際、石垣に遺された刻印の拓本を取る「大阪城の刻印石拓本体験」にご招待します。

「みんなのチカラで、秀吉が築いた初代大坂城石垣に再び光を!」を合言葉に、皆さまのご支援・ご協力をどうぞよろしくお願い申しあげます。

大坂城の豊臣石垣(昭和34年発見)を一日限定で公開します

大阪市では、大阪城エリアの観光拠点化にむけて、大坂夏の陣から400年を機に、豊臣秀吉が築いた初代大坂城の石垣を掘り起こして公開する「豊臣石垣公開プロジェクト」に取り組んでおり、豊臣石垣公開施設の整備に向けて、本プロジェクトをより深くご理解いただくため、平成28年11月19日(土曜日)に普段は非公開の、大阪城本丸広場にある昭和34年発見の豊臣石垣を一日限定で公開します。

歴史フォーラム「豊臣大坂城と真田幸村」を開催します!

大阪市では、大阪城エリアの観光拠点化にむけて、大坂夏の陣から400年を機に、豊臣秀吉が築いた初代大坂城の石垣を掘り起こして公開する「豊臣石垣公開プロジェクト」に取り組んでおり、豊臣石垣公開施設の整備に向けて、本プロジェクトをより深くご理解いただくため、平成28年11月23日(水曜日・祝日)に歴史フォーラム「豊臣大坂城と真田幸村」を開催します。

「太閤なにわの夢募金」クラウドファンディング事業者を募集します

ひとりでも多くの皆さんに「豊臣石垣公開プロジェクト」や「太閤なにわの夢募金」の意義や魅力を知っていただくため、昨年度に引き続きクラウドファンディングによる募金活動を予定しています。
つきましては、クラウドファンディングについての専門的知識や経験を有する事業者を募集します。

豊臣石垣公開プロジェクト 大阪城プレミアムツアーを開催します

大阪市は、平成28年11月11日(金曜日)と平成28年11月12日(土曜日)の2日間、豊臣石垣公開プロジェクト「太閤なにわの夢募金」に100万円以上のご寄附いただいた方を対象に、豊臣石垣公開施設が完成するまでの間、事業への理解を深めてもらうため、大阪城プレミアムツアーを開催します。

大阪城公園内自動販売機による売上げの一部が寄附されます

 大阪城公園を管理する大阪城パークマネジメント株式会社から、大阪城公園内に設置する自動販売機による売上げ金額の一部を「太閤なにわの夢募金」に寄附をいただきます。大阪城公園へお越しの際には、自動販売機のご利用を通じて、「豊臣石垣公開プロジェクト」をご支援くださいますよう、皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。

寄附いただいた当日に限り
大阪城天守閣や櫓内部特別公開へ無料ご招待します!

「太閤なにわの夢募金」にクレジットカード決済により1万円以上寄附いただいた方を寄附日当日に限り大阪城天守閣と大坂城の櫓内部特別公開に無料でご招待します。

クレジットカードによる決済なので、大阪城公園にお越しになってからでもスマートフォン等によりその場で寄附ができ、通常であれば後日お贈りするミュージアム御招待証を待たず、すぐに無料ご招待の特典を受け取ることができます。

大阪市役所本庁舎で「真田丸」パネル展を開催します!

真田幸村が真田丸で戦った大坂の陣の舞台である大阪城や天王寺区などのゆかりの地に関するパネルやジオラマを展示するとともに、現在の大阪城公園や天王寺公園について模型やリーフレット等を用いて紹介します。また、同時にNHK大河ドラマ「真田丸」に関するパネル展も開催します。

特別史跡大坂城跡の発掘調査現場を一般公開します

豊臣石垣公開プロジェクトに先立ち、建設予定地周辺に残る遺構の状況を把握するため、平成27年8月から発掘調査をしており、平成28年2月6日(土)・2月7日(日)の2日間、発掘調査の現場を一般公開します。

豊臣期の地表面、とりわけ詰ノ丸の地表面を見ていただける機会はほとんどなく、 重層する大坂城の歴史を体感していただけると思います。ぜひご来場いただきますようご案内します。

豊臣秀吉と真田幸村ゆかりの地を歩いて巡る
『秘跡ツアー』参加者を募集します!

大阪市は、2016年NHK大河ドラマ「真田丸」放映にちなみ、大阪城天守閣学芸員の案内により豊臣秀吉と真田幸村ゆかりの地を歩いて巡る秘跡ツアーへの参加者を募集します。

大阪城天守閣学芸員だからこそお伝えできる史跡にまつわるドラマがあります。学芸員とともに真田丸の推定地など秀吉や幸村ゆかりの地を歩いて巡り、遠くからですが、通常は非公開の豊臣期大坂城本丸「中ノ段帯曲輪」の石垣もご覧いただきます。

さらに新たな寄附特典を追加!実施中の第3回クラウドファンディングで

大阪市では、ひとりでも多くの方に「豊臣石垣公開プロジェクト」と「太閤なにわの夢募金」の意義や魅力を知っていただくため、平成26年度に引き続き、平成27年度もクラウドファンディングを実施しています。

このたび、「太閤なにわの夢募金」応援事業として専門学校生が考案した「大坂つゆの恋」(金平糖)発売を記念して、第3回クラウドファンディングによる5,000円以上のご寄附に対し、新たな特典として「大坂つゆの恋」をお贈りすることとなりました。

新たな寄附特典をご用意し第3回クラウドファンディングスタート

大阪市では、ひとりでも多くの方に「豊臣石垣公開プロジェクト」の意義や魅力を知っていただくため、平成26年度に引き続き、平成27年度もクラウドファンディングを実施します。

今回新たな寄附特典として、クラウドファンディングにご参加いただいた全員を「先行内覧会」に特別ご招待。また、大阪城天守閣の主任学芸員と一緒に豊臣秀吉や真田幸村にちなんだ史跡を巡る「秘跡ツアー」もご用意しています。

「みんなのチカラで、秀吉が築いた初代大坂城石垣に再び光を!」を合言葉に、皆さまのご支援・ご協力をどうぞよろしくお願い申しあげます。

専門学校生とのコラボプロジェクト「大坂つゆの恋」いよいよ発売へ

コンペイトウ「大坂つゆの恋」

学校法人大阪ビジネスカレッジ専門学校生の皆さんが大阪城にちなんだお土産を企画立案し、株式会社Ko.Ko.Moよしもとが商品化、販売するコラボレーションプロジェクト。

いよいよ平成27年11月7日(土)から、コンペイトウ「大坂つゆの恋」が発売されます!

この取り組みを通じて、専門学校生の皆さんはマーケティングや商品開発にかかる企画立案、発売後の販売促進の手法を実地に学ぶことができるとともに、大阪市は豊臣石垣公開プロジェクトをはじめとする大阪城にちなんだ魅力を若人の目線で情報発信することができます。

「太閤なにわの夢募金」応援事業
阪急不動産株式会社から協賛をいただきます

阪急不動産株式会社は、関西のシンボルである大阪城の遺構公開展示への協力が、阪急阪神ホールディングスグループの社会貢献の取組方針である『夢のある、健やかで喜びにあふれた「まち」を創ること』に繋がるとのお考えから、同社が販売する新築分譲マンション<ジオ>の販売センターへの来場組数に応じた金額を大阪市へ寄附されます。

この協賛により、大阪の歴史を物語る新たな観光魅力を創出する「豊臣石垣公開プロジェクト」や「太閤なにわの夢募金」の取り組みを、さらに多くの皆様に知っていただくことができるものと期待しています。

「太閤なにわの夢募金」クラウドファンディング事業者を募集します

ひとりでも多くの皆さんに「豊臣石垣公開プロジェクト」や「太閤なにわの夢募金」の意義や魅力を知っていただくため、昨年度に引き続きクラウドファンディングによる募金活動を予定しています。
つきましては、クラウドファンディングについての専門的知識や経験を有する事業者を募集します。

「太閤なにわの夢募金」応援事業
専門学校生とのコラボレーションプロジェクトをスタートします

専門学校生とのコラボレーションプロジェクト

このたび、学校法人大阪ビジネスカレッジ専門学校生の皆さんが大阪城にちなんだお土産を企画立案し、株式会社Ko.Ko.Moよしもとが商品製作・販売するコラボレーションプロジェクトをスタートします。

この取り組みを通じて、専門学校生の皆さんはマーケティングや商品開発にかかる企画立案、発売後の販売促進の手法を実際に学んでいただけるとともに、大阪市は豊臣石垣公開プロジェクトをはじめとする大阪城の魅力を若い世代の目線で情報発信することができます。また商品売り上げの一部は、「太閤なにわの夢募金」に寄附されます。

夏休み体験学習会
「大阪城公園 刻印石の拓本をとってみよう!」を開催します

大阪市では、夏休みの特別企画として、子どもたちを対象に大阪城公園に残された刻印石の拓本をとる体験学習会を開催します。

この取り組みを通じて、大阪城を未来へ引き継いでいく子どもたちに大阪城の成り立ちを伝えることで、大阪城や大阪のまちへの愛着をもっていただき、そしてまた大阪市がすすめている「豊臣石垣公開プロジェクト」について関心をもっていただくことをめざします。

「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が創設されました

平成27年度の国の税制改正において、確定申告が不要な給与所得者等について、ふるさと納税先が5団体以内の場合に限り、ふるさと納税先団体に申請することにより確定申告不要でふるさと納税に係る寄附金控除を受けられる手続きの特例(ふるさと納税ワンストップ特例制度)が創設されました。

「太閤なにわの夢募金」の募集期間を延長します

平成26年度に実施した発掘調査の結果、徳川期「砂利敷きの通路跡」が発見されました。このような面的に広がる通路跡の発見は、大阪城では初めてとなります。このため、徳川期遺構「砂利敷きの通路跡」を現地に保存しつつ地下の豊臣期石垣を公開すべきとの文化庁の指導も受け、これまで進めていた整備計画の一部を見直さざるを得ず、平成29年度施設整備着工、平成31年度完成をめざしてプロジェクトを推進してまいります。あわせて、募金目標額5億円にむけ「太閤なにわの夢募金」の募集期間を平成27年3月31日から平成29年3月31日まで延長します。

歴史講座「地下に眠る豊臣大坂城の石垣を探る」が終了しました

平成26年10月31日(金)、大阪歴史博物館において(公財)大阪市博物館協会と共催した歴史講座「地下に眠る豊臣大坂城の石垣を探る」が終了しました。 金曜日の午後という平日開催にもかかわらず、約160名の参加を得て、最後まで熱心に聴講していただきました。講演会の概要を紹介し、参加いただけなかった方々に歴史講座の概要と会場の熱気をお知らせしたいと思います。

大坂の陣天下一祭 櫓(やぐら)特別公開で
「豊臣石垣公開プロジェクト」PRブースを設置します!

平成26年11月8日(土曜日)から11月16日(日曜日)までの9日間限定で、大阪城公園内の「一番櫓(いちばんやぐら)、千貫櫓(せんがんやぐら)、多聞櫓(たもんやぐら)、金蔵(きんぞう)」の4ヶ所を公開します。いずれも重要文化財で、通常は公開していない貴重な古建造物です。

今回の特別公開に際しては、櫓・蔵の内部にそれぞれの役割や機能、構造についての解説パネルを展示しています。また、大阪城に建てられている櫓は、大坂の陣で焼失後、江戸期に徳川幕府の手によって建造されたもので、今回の特別公開では、櫓を含め大坂城築城の大工事に尽力した当時の人物、徳川秀忠・藤堂高虎・小堀遠州との関わりも紹介します。

歴史ファンはもちろん、大人から子どもまで、大阪城の歴史を興味深く見学、学習していただけます。また、有料入場特典として、天下一祭ピンバッヂを進呈します。

平成26年11月8日(土)〜平成26年11月16日(日)

第2回クラウドファンディング スタートしました

第1回クラウドファンディングは、皆様の熱いご支援により、募集期間満了を待たず、目標金額を達成することができました!本当にありがとうございました。

そしてまた、皆様の応援に感謝し、第2回クラウドファンディングを開始します。皆さまのご協力をお願い申しあげます。

平成26年9月19日開始

平成26年10月31日(金)・大阪歴史博物館 4階講堂

豊臣石垣公開プロジェクト歴史講座
「地下に眠る豊臣大坂城の石垣を探る」

豊臣秀吉が築いた大坂城は、慶長20(1615)年の大坂夏の陣によって焼亡し、その後行われた徳川幕府の大坂城再築工事によって、地中深く埋められています。
大阪市は大坂の陣から400年を機に、「金蔵」東側で昭和59年に発見された豊臣時代の大坂城の石垣を再発掘し、常時公開できる施設を建設する事業に取り組んでいます。
石垣の全貌が姿を現すのはもう少し先になりますが、公開する石垣がどのような意義をもった石垣であるのか、秀吉の大坂城の解明はどこまで進んでいるのか、それぞれの専門分野の立場から豊臣大坂城の地下石垣の謎に迫ります。

平成26年10月31日(金)
大阪歴史博物館 4階講堂にて開催

平成26年10月3日(金)〜5日(日)10時〜16時・大坂城跡発掘現場

特別史跡大坂城跡 発掘調査一般公開

平成26年8月下旬から実施してきた特別史跡大坂城跡の発掘調査の成果を広く市民の皆様にご紹介するため、発掘調査の現場を一般公開します。 今回の発掘調査は、豊臣石垣公開プロジェクトに先立ち、周辺に残る遺構の状況を把握するために実施しています。

平成26年10月3日(金)〜5日(日)10時〜16時
大坂城跡発掘現場

「太閤なにわの夢募金」1億円を突破しました!

平成26年7月16日、多くの皆さまのご支援により、平成25年4月1日から募集を開始しました「太閤なにわの夢募金」が、1億円を突破しました。皆さまの熱いご支援に対し、この場をお借りしまして、厚く御礼申しあげます。

「太閤なにわの夢募金」は、「ふるさと寄附金制度」の適用が受けられるほか、様々な特典をご用意しています。魅力ある石垣公開施設の整備をめざし尽力いたしますので、「太閤秀吉が築いた初代大坂城石垣に再び光を!」を合言葉に、募金目標額5億円にむけ、今後とも多くの皆さまのご支援・ご協力を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申しあげます。

平成26年3月7日(金)〜9日(日)10時〜16時・大坂城跡発掘現場

特別史跡大坂城跡 発掘調査一般公開

平成25年7月上旬から実施してきた特別史跡大坂城跡の発掘調査の成果を広く市民に紹介するため、発掘調査の現場を一般公開します。

今回の発掘調査では、昭和59(1984)年に見つかった豊臣期大坂城の詰ノ丸石垣を再発掘しました。豊臣秀吉が築いた大坂城は、大坂夏ノ陣ののち徳川幕府による大坂城再築の際、完全に地中に埋められました。30年ぶりに姿を現した石垣をぜひご覧ください。

平成26年3月7日(金)〜9日(日)10時〜16時
大坂城跡発掘現場

平成26年3月8日(土)・9日(日)・大阪歴史博物館 4階講堂

公立大学法人大阪市立大学・公益財団法人大阪市博物館協会包括連携事業

連続講座「大阪城の地中を探る」

現在の大阪城の地下には、いく層にも積み重なった歴史が眠っている。本講演会では、そうした歴史のうち、今年注目を集めている豊臣期大坂城石垣を中心に、徳川期大坂城や、豊臣期以前の地下構造などを明らかにする。
最新の科学的研究手法から解明される歴史像を堪能していただきたい。
とりわけ30年ぶりに我々の目の前に出現する豊臣期大坂城石垣については、多様な角度からその実像を分析してゆきたい。

平成26年3月8日(土)・9日(日)、大阪歴史博物館 4階講堂にて開催。

平成25年10月14日(月・祝)・國民會館武藤記念ホール 太閤なにわの夢募金 歴史人セミナー

「秀吉辞世の句に秘められた真実 〜なにわの事も夢のまた夢〜」

大坂城は秀吉の居城と言われていますが、同時に聚楽第や伏見城などを築城し、大坂城にいたのはそれほど長期間ではありません。しかし、秀吉は辞世の句で “なにわ” のことを述べています。秀吉にとって大坂城や大坂の町はどのように位置付けられていたのかを探り、大坂城の魅力に迫ります。

平成25年10月14日(月・祝)、國民會館武藤記念ホールにて開催。

平成25年9月17日(火)〜20日(金)・大阪市役所玄関ホール

「大坂城跡」史跡指定60周年記念全国城郭ポスター展

日本を代表する城郭遺跡である「大坂城跡」が、1953年に文化庁から史跡指定を受けて今年で60周年を迎えることを記念し、大阪城をはじめとした全国の様々な城郭の魅力と、大阪城の新しい魅力となる「豊臣石垣公開プロジェクト」についてお伝えするため、「大坂城跡」の史跡指定についてのパネルや、大阪城・豊臣秀吉に関するポスターの他、下記の参加城郭のポスターを展示します。入場は無料です。

平成25年9月17日(火)〜20日(金)、大阪市役所玄関ホールにて開催。